業務用ウォーターサーバーは電気代が高い?節約する方法は?

業務用ウォーターサーバーは電気代が高いのか

業務用ウォーターサーバーは電気代が高いのか 来客時にすぐお湯が用意でき、急な来客に対応できるといったメリットがあるウォーターサーバーはとても便利です。また、そのようなサーバーは従業員の福利厚生などで、休憩時間に利用できるように休憩室などに設置されています。自動販売機を設置する代わりに、電気代がお得で、ごみの処理も負担が少ない業務用ウォーターサーバーは福利厚生費などで経費計上できます。そのため、業務用ウォーターサーバーを利用している企業は多いといえます。また、ウォーターサーバーは、企業のイメージアップにもつながり、宣伝効果もあります。さらに、お水が安全で安心して飲めるということで人気もあるのです。

そのようなメリットが業務用ウォーターサーバーにはありますが、もちろん電気代はかかってしまいます。そのため、サーバーの電気代をちょっとでも節約したい人も多いといえます。

それでは、電気代をできるだけ節約するためにはどうすればいいでしょう?電気代を節約するための方法にはいくつかあり、業務用ウォーターサーバーを導入する時のサーバー選びの際にできるだけ省エネモード付きのサーバーを選びましょう。省エネモードはウォーターサーバーの電気代を節約することができる便利な機能で、その原理は、夜間の温度設定を温水で15度くらい低く設定し、電気代を効率的に節約するようになっています。ウォーターサーバーに使われているお水は雑菌繁殖には弱いお水で、一日中電源を入れておく必要がありますので、電気代を節約するためのエコモードはおすすめです。

ウォーターサーバーの電気代を節約する方法の2つ目は、業務用ウォーターサーバーの導入時に温度調節ができるものを選ぶことです。温度設定ができるウォーターサーバーなら、節電できます。ウォーターサーバーで電気代が高くなる原因は温水モードだといわれています。温水機能付きのウォーターサーバーで、常に水の温度を高温にして利用すると電気代はかかりやすいのです。高温で維持する際にも電気代はかかりますので、温度設定ができるウォーターサーバーがおすすめです。

他の家電で電気代をトータルで節約するという方法も一つです。パソコンの消費電力は大きく、何台ものパソコンをつけっぱなしにすると電気代がかかります。パソコンの電源をこまめに切るということも大きな違いになるといわれています。このように、業務用ウォーターサーバーは電気代はかかりますが、それを節約することも可能なのです。

最新のお知らせ

  • [2017年02月03日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月03日]
    運営者情報を追加しました。